ABOUT AXEL ARAKAKI

アクセル 新垣

愛知県出身。

ダンサーの母の元、13歳よりダンスをはじめる。アルゼンチンタンゴ、ヒップホップ、バレエ、ジャズダンス等の様々なダンスを学び多くの舞台に出演。

高校卒業後プロデビューし、テーマパークで2年間ダンサーとして活動した後に、アルゼンチンはブエノスアイレスに1年間のタンゴ留学をする。

2016年のアルゼンチンタンゴ世界選手権でファイナリスト(7位)となり、2017年遂に優勝を果たし世界チャンピオンとなる。

その後、民主音楽協会の主催する民音タンゴシリーズ「ドラマチックタンゴ」でファビオ・ハーゲル楽団と共に日本全国ツアーに参加。

最近はアジア各国やヨーロッパにも活動の幅を広げている。

師事した主なコーチ

Enrique Morales(タンゴ ソル 日本橋主宰)

Carolina Alberici(名古屋アルゼンチンタンゴクラブ主宰)

Mario Morales

Betsabet Flores & Jonathan Spitel

Juan Malizia & Manuela Rossi